calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

最新記事

recent comment

  • 未定ですが、ワードプレスへ引っ越そうと思っています
    ハル (04/10)

categories

archives

        

スマホ版への切り替え

スポンサードリンク

スポンサードリンク

財布の買い替え、運気を上げる時期や方法とは?

  • 2017.12.10 Sunday
  • 18:12
0

     

    私事ですが、先日財布を買い替えました。

     

    購入した後で、購入に際し運勢やタイミング、金運の良いことなどを調べたのでまとめてみました。

    個人的に自分に都合よく解釈した部分もありますのでご了承ください(笑)

     

    ・財布を買い替える目安

     

    これは言わずもがな、手持ちの財布が汚れやほつれなどでくたびれてきたら買い替えでしょう。

    素材などによりくたびれた感がある方がカッコ良い場合などは話は違ってきますが、使用感とかではなく、あきらかにボロボロで汚ければ買い替えましょう。

     

     

    ・買い替えの周期

     

    いろいろと、見るサイトによって買い替える年数は違うようですね。1年で買い替えろと言うところもあれば、3年で買い替えろ、4年も5年も持つモノではないとか・・・。

     

    これは主観ですが、気に入ったものを綺麗に使っていれば年数にこだわりは無いのではないかと考えています。

    風水的には、定期的に買い替えた方が良い金運がめぐってくるとのことなので、安いものを1年毎で買い替えるなんてのもアリだとは思います。

     

     

    ・買い替えるタイミング

     

    もう単純に、買い替えたいなって思ったら買い替えのタイミングだと思ってます。

    それを言ったら終わってしまうのですが、時期的なことを。

     

    季節で言えば、ほとんどの方が「春(年始め)」だと思います。

    これは財布が張る(春)にかけているとか・・・

    また「秋」は「空き」と掛けられ敬遠しそうですが、見方をかえれば「実りの秋」と言うことで秋に買い替える財布は実る、なんてことも言えるとか・・・。秋に買い替える場合は初秋の9月8日〜10月7日が良いそうです。

    夏と冬に関しては特になさそうです。

     

    せっかく買い替えるなら、縁起を担ぎたい衝動にかられますよね(笑)

    以下が買い替えに良いとされる開運日、吉日の説明です。

     

    ・大安

    ご存知大安。「大いに安し」との意味で万事に吉とされ、婚礼などが良いとされている日です。

     

    ・寅の日

    虎は一瞬で『千里を行って千里を帰る』ことができる動物…との事から投資した労力やお金が戻ってくると言われているので、寅の日には、お財布の新調や旅行などがおすすめです。

     

    ・一粒万倍日

    一粒万倍日は「いちりゅうまんばいび」「いちりゅうまんばいにち」と呼ばれており、仕事始め、開店、新しいチャレンジの種撒き、お金を出すことに吉であるとされています 。

     

    天赦日

    「てんしゃにち」「てんしゃび」と呼ばれています。この天赦日は年間で5〜6回程度しかない貴重な日とされ、天赦とは天が赦(ゆる)すという意味で一般には最高の吉日とされている日ですから、特に何かに適した日と言うよりも何事においてもプラスに働くといわれています。

     

    ・巳の日

    「みのひ」と呼びます。この巳の日は、12日ごとに訪れ、財産の神様である弁財天様の遣いの白蛇(巳)に願い事をすれば、その願いが弁財天様に届けられ成就すると言われており金銭に関する活動が吉とされています。

     

    己巳の日

    「つちのとみのひ」と呼びます。巳の日が12日周期に訪れるに対して己巳の日は60日周期で訪れ、弁財天の縁日とされています。一説には金運に最も効果があるのが己巳の日と言う説もあります。

     

    鬼宿日

    読み方は「きしゅくにち」「きしゅくび」と呼ばれています。この日は婚礼(結婚式、結納、入籍)に関する事以外は大吉とされます。この日になった理由はお釈迦様の生まれた4日8日(中国暦)が鬼宿日であったという説が有力ですが、インドでは陰暦の4月15日に生まれたとされており、陰暦では28日で月の周期が一周するので、毎月15日が鬼宿日として定着しています。

     

    ・母倉日

    母倉日(ぼそうにち)は、母親が子供を育てるように天が人間を慈しむ日という意味があります。

     

    ・新月

    新月は始まりの運気を持つ特別な日です。
    風水では新月の日に新しい事を始めたり、新しい物を使い始めるのが最適とされています。
    目標を立てるのに最適とも言われるこの日は金運祈願にも適した日です。

     

    ・満月

    満月は月のパワーが満ち足りている日。
    風水では満月にそのパワーを積極的に授かるため、月光浴をすると良いとされています。
    開運財布を満月の月光に当てることでその力は更に高まります。

     

    私事ですが、買い替えた日の暦を調べたところ

    六曜では仏滅でしたが、一粒万倍日、母倉日、新月と、意外と開運日が絡んでました。

    今年は良いことあるかも??

     

    ・選ぶ財布、色、形

     

    財布の形に関しては二つ折りは良くない、金運には長財布と良く目にするのですが、個人的に自分が使いやすいものであれば二つ折りでも長財布でも良いのでは?と思っています。私は二つ折り財布を使用しています。

    私的に長財布を持ち歩く習慣がなく、金運が良くなるからと慣れない長財布にして落としたりしたら本末転倒では?なーんて都合よく解釈していますが(汗)

     

    素材はやっぱり革系が縁起が良いとされていますし無難でしょうね。

     

    色に関しては、自分が持っていて恥ずかしくないとか落ち着くとか、気に入ってればどの色でも良いように思います。

    縁起を担ぐなら、あまり良くないとされる赤、ピンク、オレンジ辺りを外せばよいかと。

     

     

    ・使い始め、下ろし方

     

    買い替えに関して調べていて、下ろし方、使い始めに行うことなんかがあることを初めて知りました。

    私の場合の今回の財布、下ろし方なんて知らないのでサクッと入れ替えてしまいました(笑)

     

    で、財布を買ってから使い始めるまでにすると金が良くなると言われているのは

     

    ・新しい財布にお金を入れ

    ・1週間から2週間は寝かせる

    ・縁起の良い日に下ろす

     

    だそうです。

     

    もっと深く探ると、

    入れるお金は帯付き100万円!?で財布用の布団などで寝かせ、吉日(天赦日とか)を狙って下ろすとの事。

    うーん、金運を呼び込むのも大変だ。。。

     

     

     

    ・まとめ

     

    使い始めに寝かせるなんてのは初めて知りました。

    次回買い替え時に出来る限りで縁起の良いこと実践してみようかと思います(笑)

     

    縁起であったり暦だったり風水だったり、金運に良いと言われることは沢山ありますが、自分が「これは良いかも!」と思えばそれを実践してみるのも面白いでしょう。

     

    良いと思いこんで過ごせば、良いことが増えるかも?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    スポンサードリンク

    同じカテゴリー内の記事

    コメント
    コメントする